ええやんタイトル東京.png
B48B2EB9-F29F-45A0-99EA-2C145AD0739B.jpg
こじれめし白.png
kojire meshi
こじれめしの黒.png

媚びたっていいじゃない

ポエムだっていいじゃない

造り手の想い、空間、サービス
五感を通じ感じたコト

私なりの解釈でお届けします。

IMG_6583.PNG

鰻割烹 伊豆栄 不忍亭

東京 上野

​✥

.

為すべきことを
そのまま自分で。

.
"もうこれから先は
お前の色を出していいぞ
みせてみろ。"

.
諸先輩方からの
声掛けに背筋が伸びる。

不忍池から届く湿った風を
ビールで拭う。

.
築き上げ、
歴史を支えてきた
その研鑽。

時代に捉われず、
今も尚、求められ続ける
その背中。

.
上野池之端で産声を上げ、
幕末の動乱、戦火、震災。
300年もの刻と共に、

その全てを信念に変えて、
暖簾を守り続けてきた当店。

.
諸兄に見守られ、
歴史の渦中に
その身を置き、

自身は今、何を思う。




.

IMG_6587.PNG
IMG_6584.PNG
IMG_6590.PNG
IMG_6591.PNG





 
IMG_5590.PNG

 

apericena

ワインバル アペリチェーナ

あざみ野

神奈川 横浜市

​✥

.

大人は振れ幅がある方がいい。

.
日常の中で
さまざまな自分を
行ったり来たり

その真ん中で
バランスを取る。

均衡を保つのは
簡単なことではないけれど

.
行き来をする
その動きにより
風が生まれる。

風の大きさ
強さに、薫りに、

見ている人は
魅了される。

.
熱量を込めた
生ハムメロン

その振れ幅は
心に新たな風を生む。



.

IMG_5591.PNG
IMG_5592.PNG
IMG_5594.PNG
IMG_5597.PNG





 
IMG_4984.PNG

 

GARDEN HOUSE

ガーデンハウス鎌倉

神奈川 鎌倉

​✥

.

日常にひとつまみのアドリブを。

.
練りに練って
詰め込んだ1日もいいけれど、

たまには余白を感じていたい。

.
高い空に両手を伸ばして
届きそうな雲。

胸いっぱいに風を吸い込んで
季節を感じる。

五感を使って自然を取り込む。

心が解き放たれて
生が実感できる。

.
"明日のランチは鎌倉で。"

思いつきのひと言が、
ピリッと効いたスパイスになる。


.

IMG_4985.PNG
IMG_4986.PNG
IMG_4988.PNG
IMG_4989.PNG





 
IMG_4977.PNG

 

潮見Skippers'

(潮見スキッパーズ)

東京 江東区潮見

​✥

.

ちゃんとしてる。

.
"今日は我が儘でいいんだよ。"

いつも割と好きに
やらせてもらっているつもりだけど、

敢えて言わせてもらうとしたら、

"今日は何度でも
飽きることのない乾杯をしよう。"

.
身の回りの環境を見渡す事で
自身を肯定することができる。

これからも
一緒にいたい人たちといれるように

力になりたい時になれるように。

.
ここに来るといつも
背筋が伸びる。



.

IMG_4982.PNG
IMG_4978.PNG
IMG_4983.PNG
IMG_4981.PNG





 
IMG_4740.PNG

 

銀座くらはし・hanare

東京 銀座

​✥

.

隣夏。
想いが遡上する。

.
新緑、稚鮎
岩噛む急流を昇る。
青々しく、みなぎる。

飛沫く水面、
抜ける清澄な風、波紋。
力強く、爽快。

初夏を匂わせる
色の濃い透明色。

.
共に過ごした時間が
磨き上げた想いが

色濃く露出する。

.
臆する事なく、
胸を高鳴らせ。

流れに負けず、
飛沫をあげて立ち昇る。


.

IMG_4743.PNG
IMG_4741.PNG
IMG_4748.PNG
IMG_4749.PNG





 
IMG_3612.PNG

 

大衆酒場ビートル 野毛

神奈川 横浜市中区宮川町

​✥

.

おじさん達は歳を重ねると
イチャイチャし出す生き物です。

.
昼は背筋を伸ばして
大局を見極める。
厚みのある背中。

夜は酒を酌み交わし
共に語らう。
少し丸まった背中。

.
次の一軒へと向かう道中

流れるネオン、千鳥足
肩を組み合い、笑う背中。

そんな所謂な景色が好きだった。

.
信頼を置く目上の方々が、
子供のように
イチャイチャわちゃわちゃする。

そんな姿を見るのが好きだった。

.
気づけばいつしか自身が
そんなおじさんになっていた。

こんなおじさんの背中に
憧憬を見出す
素質ある若人はいないものか。


.

IMG_3615.PNG
IMG_3616.PNG
IMG_3614.PNG
IMG_3617.PNG





 
IMG_3605.PNG

 

MOON Cafe (ムーンカフェ)

神奈川 横浜市中区本牧

​✥

.

いつまでたっても野心的。

.
太陽をビールに溶かして
ググッと飲み干す。

かぶりついた後のヨゴレ具合で
漢のイキっぷりを競う。

.
いつまでも変わらないこの景色
思い出の詰まったこの場所。

目に映るすべてを手に入れてやろうと
みんなに自慢しまくってやろうと。

いつまでたっても
それが一番のモチベーション。


.

IMG_3608.PNG
IMG_3607.PNG
IMG_3609.PNG
IMG_3610.PNG





 
IMG_8998.PNG

 

PROFUMO D'ALBERO

プロフーモ ダルベロ 

神奈川 横浜市都筑区

​✥

.

食材の素を描写する。

素材本来の味わいを引き出し、
その成を伝える。

ひと皿を作り出していく様は、
何本もの鉛筆を使い
幾重にも線を重ねたデッサンのよう。

.
ゆるやかに抜ける淡春の報せ。
色味豊かに、酔いうらら。

.
○カジキマグロのカルパッチョ 瞬間燻製

○マグロほほ肉のカツレツ パネッレ添え

○Pizza 彩り春野菜

○手長エビのトマトクリームソース
 タリアテッレ


.

IMG_8999.PNG
IMG_8981.PNG
IMG_8996.PNG
IMG_9004.PNG





 
IMG_2567.PNG

 

ニャーヴェトナム・プルミエ 二子玉川店

東京 世田谷区玉川

​✥

.

香りが笑顔に変わる。

.
"パクチー得意じゃないんだよね。"

苦手な食材が食べられるようになる
タイミングは未だよくわからない。

一度食べられるようになってしまえば
苦手だったことが懐かしくすら思える。

.
自身の思い入れのある店で、
その瞬間に立ち会えることは
変え難く嬉しい。

.
一緒に食べる相手
共有する時間
食体験の質。

大人であれば自身の持つ選択肢により
苦手は緩和できるように思う。

.
気に入ってもらえて良かった。


.

IMG_2562.PNG
IMG_2561.PNG
IMG_2564.PNG
IMG_2570.PNG





 
IMG_0385.PNG

 

銀座くらはし・hanare

銀座

​✥

.

明日も昨日も酒にとかして

ただただ膨らむそのひとときを
いざ悠久に感じゆかん。

.
あらゆる事には
始まりと終わりがあって

関わることが出来るは
その途中だけ。

.
今、身の回りにある環境は
未来永劫続いていくような
気がするけれど、

物事には必ず終わりがあって、
それはきっと自身が思うより
早いタイミングで訪れる。

どれだけ大切に想っていても
ある日、突然目の前から
姿を消してしまう。

.
だからこそ
今、この瞬間を大切にしたい。

手の届くところだけでも
感謝を伝え続けたい。

今、自分にできることを
探し続けたい。

.
酒面に映る景色は
変わらず笑顔が溢れて。

余韻を愉しむ為に
小さく深呼吸をする。


.

IMG_0389.PNG
IMG_0390.PNG
IMG_0391.PNG
IMG_0393.PNG





 
IMG_9668.PNG

 

銀座くらはし

銀座

​✥

.

「今日はオカン連れていくね。」

.
父を亡くして十余年。

その日まで
家族との時間など
考えたことも無かった。

長男という面目上、
家族で過ごすことも必要と思い、

暇があれば皆で
外食に出るようになった。

.
息子から見ても胆っ玉な母。

そんな母が酒の席でだけは、
少しばかりの本音を口にする。

それからというもの
2人で食事に行く機会が増えた。

.
これから先
あとどれぐらい共にする
時間があるのだろう。

どれだけの景色を見せることが
出来るのだろう。

予てからの目標であった
銀座くらはしに
連れて行くことは叶った。

.
桜ひとひら舞い降り重なる
盛春の宴と薫る青葉。

手に取っては、
浮かべて愛でる
盛旬の戯れ。

どこか面映い
母の日の前借り。

.
しんちゃん、有難う。


.

IMG_9669.PNG
IMG_9673.PNG
IMG_9674.PNG
IMG_9675.PNG





 
IMG_9656.PNG

 

ginzabeni

銀座

​✥

.

居住まいを正す。

.
自分で言うのもなんですが、
どんなお店に行っても
割と自然体でいれるタイプです。

そんな私ですが
こちらに伺う時だけは
何故かいつも緊張します。
.

良過ぎる客層のせいか

待ち受ける感動を
知ってしまったせいか。

.
質の良い緊張感は
清涼感に似た充実を生む。

姿勢を正し、
いま何を食べているのかを
ハッキリと捉える。

豊かさを嗜むと共に
自身を顧みる。


.

IMG_9658.PNG
IMG_9657.PNG
IMG_9662.PNG
IMG_9666.PNG





 
IMG_8983.PNG

 

Kappouとよふく

神奈川 川崎市麻生区 新百合ケ丘

​✥

.

さかな。

そのひと口に心を動かされてもいようが、
実は作り手の人生のへりを
見せられているのかもしれない。

.
川の流れに身を任せるように
目の前を過ぎて行く
日常のあれやこれや

さらさらと流れていくモノあれば
所在無げにいつまでも
引っ掛かっているモノもいる。

心の縁に溜まったモノを
手のひらで掬ってかざして見せる。

形、色、味
人それぞれで違うモノ

でもきっと
それはとても酒に合う。


.

IMG_8987.PNG
IMG_8999.PNG
IMG_8988.PNG
IMG_8992.PNG





 
IMG_8270.PNG

 

RELAiS Sakura

桜新町ルレ・サクラ

世田谷 桜新町

​✥

.

"はじめまして"の代わりに
"おめでとう"を。

.
「誕生日おめでとう。」

同日ディナータイムになんと3件。

祝い席の重なりに
となり同士が祝い合う。

自然と笑顔が生まれる
温もり溢れる景色。

互いを想い合う気持ちが
祝い日に百花を添える。

街に寄り添い
温もりを育む。

人が寄り添い
想いを灯す。

この街をそっと見守る
みんなの止まり木。

皆に愛され、
共に成長する
大きな、大きな桜の木。


.

IMG_8273.PNG
IMG_8276.PNG
IMG_8271.PNG
IMG_8278.PNG





 
IMG_7356.PNG

 

土と青

調布 新百合ヶ丘

​✥

.

涼しさと暖かさが共にあるようで

.
引き戸の隙間から
柔らかな夜風が入り込む。

酔い身に春風
季節がじんわりと染み込む。

.
花わさびの醤油漬け
うなぎの肝の山椒煮、
帆立のしぐれ煮、よだれ鶏

これ以上ない肴
空気の香り共に
胸いっぱいに吸い込む。

吐き出す感嘆のため息が
フワリと酒面を撫でる。

.
米の花ひとしずく。
胃の腑から広がる春

体の内側の温かさと、
外気の温かさが調和する。


.

IMG_7360.PNG
IMG_7357.PNG
IMG_7358.PNG
IMG_7365.PNG





 
IMG_7346.PNG

 

銀座くらはし hanare

銀座

​✥

.

透き通るほど
まっさらで豊かな色彩。

.
そばの実の芯だけを用いた
真っ白な更科そば

突き詰めたその白色には
透明感すら覚える。

ほんのりした甘み、豊かな風味
名残惜しいほどの喉越しの良さ。

噛み締める度に伝わる
作り手の研鑽。

清澄な味覚が
花曇りの霞み空に
心映えする。




当店は「銀座 くらはし」の新店舗。

本店は2020年4月開店という
時世に憚られることを
避けられぬ時期に起こりながらも、
人に街に愛され、着実に歩みを進めてきた。

カウンターで創意工夫を凝らした
会席料理を振る舞う本店に対し、

新店舗では四部屋ある個室にて
蕎麦懐石を楽しむ事が出来る。

ビジネスから家族の団欒まで
幅広いシーンで気軽に嗜む
くらはしの味覚。

想いを込めた一枚の蕎麦は
心浮く季節にそっと優しく寄り添う。

.
まっさらな和紙の上に
透明な色彩で書き殴る
想いを込めた新たな一歩。

.
桜花舞い散るさみしさを
蕎麦の花が力強く染め上げていく。

IMG_7351.PNG
IMG_7348.PNG
IMG_7349.PNG
IMG_7355.PNG





 
IMG_5305.PNG

 

ローストビーフの店 鎌倉山 玉川店

玉川

​✥

.

腹に一本の竹槍を。

.
男子たるもの背負い、
課してこそ花開く。

そう諭してくれる方がいる。

.
腹に一本の芯を据えて、
真っ直ぐに貫き通す潔さ。

研鑽を積み重ねて50余年。
歴史を育み時代を築き上げるその度量。

.
黒毛和牛に味付けは塩、胡椒のみ。

体温でほどけ、
そっと口の中に寄り添う。

伝統的と括ってしまうには
あまりにも味わい深くて。

.
背筋が伸びると共に
心に火花という名の花が舞う。

.

IMG_5306.PNG
IMG_5308.PNG
IMG_5307.PNG
IMG_5302.PNG





 
IMG_5297.PNG

 

炉端のぬる燗 佐藤

中目黒

​✥

.

身体が夢を見ている。

.
炭火の暖かさが
目と鼻から入り込み、
身体中に充満する。

米の花
炭の香りを拭うように
ゆっくりと噛み締めながら流し込む。

胃の腑から全身へ
豊かさがスッと溶け込んでいく。

.
高架下、
抜ける甘い風
寒さはもう此処にはいない。

淡い夕闇、朧げな光
全ての感触が丸く柔らかい。

えいひれ、そら豆
鮭とば、帆立の貝ひも。

.
柔らかな時間の中
炉端で春を炙る。

.

IMG_5293.PNG
IMG_5300.PNG
IMG_5295.PNG
IMG_5298.PNG





 
IMG_4118.PNG

 

銀座くらはし

銀座

​✥

.

冬を好きになる
春が恋しくなる。

.
滋養を一身に孕んだ冬の豊かさ。
栄気に満ちた春の誇らしさ。

融け行く寒旬の名残に思い馳せ、
向かう早生の鮮色に意識を染める。

.
移り変わる季節の境目特有の
ふわふわとしたこの感覚。

掴むこと叶わぬと分かっていても
手を伸ばして手繰り寄せたくなる。

.
噛み締めて捉える春夜の夢。

.
.
○大根餅 赤海老 キャビア 柚子 金箔

○蛍烏賊とアスパラの油焼き

○アラと筍の昆布巻き 芽蕪 京人参 柚子

○大トロの叩き 芽ねぎ 花穂紫蘇 山葵

○豆乳担々麺

○北寄貝 春キャベツ
 長芋昆布締め 土佐酢 生姜

○鰻の白焼き うるい 蕗の薹醤油 山葵

○ズワイガニ 白味噌グラタン 菜の花 葉山椒

○牡蠣飯

.

IMG_4123.PNG
IMG_4115.PNG
IMG_4117.PNG
IMG_4122.PNG





 
IMG_4104.PNG

 

タカズ ビストロ ヴィエス

二子玉川

​✥

.

簡単だね。
難しくしているのはいつも自分で。

大好きなものをお腹いっぱい食べる
それだけで笑顔が生まれる。
それだけで何かが始まる。

.
二月の黒トリュフ。

厳冬を越えて
その身に一層の豊かさを宿す。

ひと口で深い森の湿度に溺れる。
木漏れ日、照らされた鮮やかな緑苔。

土の匂い、淀みのない川の水。
透明、きらきらと光が揺れる。

深呼吸。ピンと張った冷たい空気が
頭の後ろ側まで突き抜ける。

清澄さと荘厳さを併せ持つ空間。

.
深林を通り抜けた向こう側
垣間見る淡い豊かさ。

冬の終わり、そして春の訪れ。

.
お腹いっぱいに季節を吸い込んで。
満たされて、笑顔で。

それだけで何かが変わっていく気がする。

次季への淡い想いを胸に
またここから一歩ずつあるいて行こう。

.
○トリュフサラダ
○トリュフの炊き込みご飯
○和牛のトリュフソース煮込み
○トリュフパスタ
○30年熟成シェリー酒と
 バニラのアイスクリーム


.

IMG_4112.PNG
IMG_4108.PNG
IMG_4111.PNG
IMG_4113.PNG





 
IMG_2829.PNG

 

camino


カミーノ

横浜 センター南

​✥

.

なんだかよくわからないけど
それはきっと、
この世界のすべてだ。

そう思える。

.
初めて伺ったのにも関わらず、
"おかえりなさい。"

と笑って手を振って
迎え入れてくれるかのような心持ち。

.
赤いチェックのテーブルクロス
ブルーグリーンの趣きのある木椅子

時間の流れを暖かく伝えるランプ
クマのぬいぐるみ🧸

目に映る全てが温かい。

.
「ホタテとアスパラガスのペペロンチーノ」

.
噛み締めて
溢れる多幸感。

とっても美味い。

今は考えるより、
ただただこの幸せを享受したい。

.
息が詰まりそうなこの日常に
「しっかりしなさいよ」と温かく笑って、
呼吸の仕方を思い出させてくれる。

.
久しぶりに新鮮な夜の空気吸えた気がする。

.
帰り道、見上げる星空は
我関せずと言わんばかりに瞬いていた。


.

IMG_2627.PNG
IMG_2629.PNG
IMG_2625.PNG
IMG_2632.PNG





 
IMG_2618.PNG

 

loveワインとビストロのお店

東京 二子玉川

​✥

.

時期ハズレの紅と白。

.
あらゆる色を閉じ込める
灰色の冬空。

石畳を照らす無機質な街灯が
殊更に視界から色彩と温度を奪う。

温もりという名の色を求めて
いつもの場所へ足早に逃げ込む。

.
ひと口で空間ごと
なめらかに包み込む
カルボナーラ。

ひと口で身体の周りの
大気ごと沸騰させる
アラビアータ。

.
赤と白。
対極する二つの色彩が
それぞれを象徴するような
伝え方で体温を取り戻してくれる。

陽だまりに寝ころがり
日差しがおなかを
暖めてくれているような淡い熱感。

不思議なくらい
満たされて、ほっこりと包まれる。

.
長らく観てはいないけれど
こんなに美味しい対抗戦なら
年中体験していたい。

.
夜深まる帰り道
変わらぬ景色、石畳。

ひとつ違うのは、
街灯の明かりに
今はあたたかさを覚える。


.

IMG_2622.PNG
IMG_2620.PNG
IMG_2621.PNG
IMG_2623.PNG





 
IMG_1399.PNG

 

銀座くらはし

東京 銀座

​✥

.

新春を労う
深海の宝石箱。

.
駆け抜けてたどり着いた
深夜の晩餐。

事切れそうな意識の中
震える右手で
一心不乱にかき込む。
.

ちらしと言うには
あまりに眩し過ぎて。

酒に疲れた胃の腑に
キラキラと沈み重なっていく。


.

IMG_1406.PNG
IMG_1401.PNG
IMG_1402.PNG
IMG_1409.PNG





 
IMG_1541.PNG

 

&EPICURE(アンド エピキュール)

神奈川県 鎌倉市

​✥

.

花の寺に届く一陣の風。

花のそれではない
香ばしさに誘われて
辿り着いた一軒の古民家。

燻した梁、淡い間接照明
趣のあるモダン。

流れている時間が
既に心に優しい。

.
「発芽玄米のグリーンカレー」

.
身体にも心にも
優しい仕立て。
それでいて満ち足りている。

無意識下で求めていた
清純無垢なやさしさ

浸透する滋養に
細胞が上擦る。

.
緑と古都に親和する空間。
豊かな香りに包まれて
春を待つ。
.

IMG_1544.PNG
IMG_1542.PNG
IMG_1547.PNG
IMG_1543.PNG





 
IMG_0513.PNG

 

ニャーヴェトナム・プルミエ

世田谷区 二子玉川

​✥

.

不思議なもので、
香りというものは、

自分の心の中にある記憶を
強く引き出してくれる。

.
満ち足りたハーブの生命力、
肌に馴染んだ無垢なスパイス。

.
噛み締める度に
弾ける爽快感が、
頭の裏側を貫く。

それと同時に香りが
非日常の扉を開く。

.
今は遠い記憶の原風景が
まぶたの裏に広がる。

心が解れ 意識が和らぐ。

深呼吸 余韻が全身に浸透する。

香りがもたらす
愉悦に浸かる。

.
絶え間のない日常に
ひとつまみのスパイスを。
.

IMG_0514.PNG
IMG_0507.PNG
IMG_0508.PNG
IMG_0509.PNG





 
IMG_8989.PNG

 

潮見スキッパーズ

江東区 潮見​

​✥

.

この世界のすべてを
肯定するような懐の深い旨み。

胸がきゅっと締め付けられた。

.
じんわりと胸が熱くなって、
声を出せなくなる。

噛み締めた感動のせいか
嚥下が弱くなったせいか
喉の奥が震えてうまく言葉が出ない。

.
人間が元来求める
生命への渇求を掻き立てる。

追い駆ける赤い葡萄は
血液となり心身を駆け巡る。

.
見上げれば
いつの間にか空に月。

今年もまた美味しい年にしよう。
.

IMG_8981.PNG
IMG_8987.PNG
IMG_8988.PNG
IMG_8992.PNG





 
IMG_8971.PNG

 

銀座くらはし

​✥

.

明日を切り拓く「威勢」。
囲む縁が招く「福」。

.
独自の品格を湛えるその雄渾な姿。
剛直さと繊細さが同居している。

下の奥で感じるギュッとした旨み。

喉元を通り過ぎたあとに
追いかけてくる豊かさ。

余韻を愉しむ為に小さく深呼吸をする。
.

じんわりと心が熱くなる。

.
落ち着いて
周りを見渡すと
年を労う笑顔が咲き誇る。

この景色を見ると、
口では表現できないほど
自分の人生や出会いが
とても尊いものに感じる。

.
幾世、移り変わりが起ころうとも、
人を紡ぐのは縁と恩。

繋がりを辿り、
人と人の想いはやがて福と成す。

.
この一年、手繰り紡いだ
全ての御縁に感謝を。
.

IMG_8975.PNG
IMG_8976.PNG
IMG_8977.PNG
IMG_8974.PNG





 
IMG_8294.PNG

 

鰻割烹 伊豆榮 本店 Izuei Honten

​✥

.

朔風沁みて心を絆す
夜空に広がる花かがり。

.
吹き抜ける風の色が透明に近くなるほど、
無意識的な温もりが恋しくなる。

.
冬の海風慕う街
ゆったりと落ち着いて
穏やかに向き合う近海の幸。

.
肩を寄せ合い分け合う
酒と時間。

滲み出す和らぎ。
現を酒に溶かして
もたれ掛かる。

.
.
店内に響きわたる
耳を聾する轟音。
飛び出して、海岸へ急ぐ。

目の前に視界いっぱいの
冬の大輪が咲き誇る。

.
届かないと分かっていても、
手が届きそうなぐらい近くて
心が火照る。

.
童心に還り、見上げる夜空、
見つめる笑顔は咲き乱れる。

目に映る
その全てが綺麗だった。

.
どこまでも膨らむその刹那を
今は悠久に感じていたい。
.

IMG_8290.PNG
IMG_8286.PNG
IMG_8287.PNG
IMG_8288.PNG





 
IMG_7589.PNG

 

鰻割烹 伊豆榮 本店 Izuei Honten

​✥

.

するりと手のひらをすり抜ける不忍の風。

陽光。
.
.
起ちゆらぐ香ばしさ
冬の無色透明な空気
大きく深呼吸。
.
頭の後ろの方に
幸せな余韻が残る。
.
追い掛けるように
呷る一献の嬉し水。
.
.
心の均衡を保つ滋養。
.
.
様変わりする不忍の景色、街の景色。
皆その中で抗っている。
.
待ち焦がれたこの刹那、
今は噛み締めて楽しもう。
.

IMG_7596.PNG
IMG_7593.PNG
IMG_7591.PNG
IMG_7592.PNG





 
IMG_7601.PNG

 

中国料理虎包

​✥

.

「小さい頃ピータンって
 なんとなく苦手だった。」
.
.
久方ぶりに厭わないで過ごす家族の会食。
.
オトナになってからの家族揃っての食事は、
どこか不思議な距離感。
.
.
「仕事の調子はどう?
 そろそろペイできる頃?」
.
.
八宝菜の牛肉に一目散に箸を伸ばす。
.
子供と大人の両面が、
顔に張り付いて剥がれない。
.
.
「紹興酒ってプリン体多いらしいよ。」
.
.
ピータンと紹興酒の往復
手を止めることなく会話を続ける。
.
.
「この麻婆豆腐美味しいね。
 醤油とオイスターソースで
 舌馴染みが良い。


 広東風かな。」
.
.
個性を引き立てながらも、
懐かしさを感じさせる味わい。
郷土への想いが活きている。
.
.
「年末どうすんの?
 予定ないんでしょ?
 これは四川式。」
.
.
麻婆豆腐の山椒がピリリと効く
.
.
中華は団欒の時間が良く似合う。
何気ないひとときが心映えする。
.

IMG_7604.PNG
IMG_7600.PNG
IMG_7605.PNG
IMG_7603.PNG





 
IMG_6230.PNG

 

ろばた料理 山麓園

​✥

.

この温もりを連れて帰ろう。
.
.
弾ける炭の音
抜き抜ける風の透明感
全てが余計に季節を匂わせる。
.
.
築150年、重厚な合掌造りの古民家
軒先には生け簀、水車
野趣に富んだ空間。
.
.
囲炉裏に並ぶのは、
地の豊かさを顕す
どこか自慢げな顔ぶれ。
.
.
どっしりと流れる時間
滲み出す風情、彩り溢れる。
文化があり、自然がそこにある。
.
移ろう四季の一瞬を切り取った
躍動感のある日本の原風景。
.
.
染み入るような秋の寂しさを
慰めるような温もり優しさ。

IMG_6231.PNG
IMG_6229.PNG
IMG_6238.PNG
IMG_6236.PNG





 
IMG_6221.PNG

 

bouchon nemo

​✥

.


感覚をさらう。
.
.
無花果、バルサミコ、
生ハム、胡桃、マスカルポーネ。
.
握り締めるように味わう。
.
じわじわと湧き立つ興奮。
入り込む秋風が拭っていく。
.
.
残る無花果の余韻に頭が呆っとする。
.
心の中は空っぽで、
解けるような繊細さが
ふわふわじんわりと広がっていた。.
.
.
しのびよる師走。
全てから自分をさらってくれる場所が
なによりも恋しくなる。

IMG_6223.PNG
IMG_6222.PNG
IMG_6226.PNG
IMG_6227.PNG





 
IMG_5040.PNG

 

ビストロアライブ

bistroalive

​✥

.

見えない鍵をそっと渡された気分。
.
.
否が応でも取り戻しつつある
日常の様相。
.
空白みたいな気持ちで
車内から空を見上げる。
.
.
辿り着いて開いたその場所には、
予期せぬヒカリが待っていた。
.
.
素材を伝う
多感覚的なアプローチ
.
骨太なビストロにひとつまみの
アジアのエッセンス。
.
活きたスパイス、ハーブ、みなせ牛
素材の質感、余韻ゆたか。
.
体の芯が暖まり、
心が沸き立っていくのを感じる。
.
.
生き生きとしたその姿を
眺めていたら
全部がもうどうでもいいやって
思えて来るんです。
.
美味しいものを食べて
明日笑えればそれでいい。
.
.
どこか許しを与えられたかのような安堵感
.
.
日常の延長線上にある温かい光。
.
扉の向こうにある輝きに
無意識に手を伸ばす。

IMG_5042.PNG
IMG_5041.PNG
IMG_5049.PNG
IMG_5043.PNG





 
IMG_5141.PNG

 

RELAiS Sakura 桜新町ルレ・サクラ

​✥

.街に育ち 街を育つ。
人に寄り添う街の止まり木。
.
.
閑静な夜 道ゆく二人。
季節が足早にさせる
つないだ手を大きく振って。
.
向かう先は一つのビストロ。
.
.
変わっていくのはいつも景色。
.
.
いつしか二人に子どもが生まれた。
.
幼稚園の迎えに立ち寄る
いつものカフェテリア。
.
ピアノ発表会の後の
ご褒美フレンチ
今日のパスタはなんだろな。。
.
.
いつしか子どもは大人になった。
.
気兼ねのない友人と
ちょっと背伸びしたシャンパン。
.
彼と両親を連れて向かう
馴染みのレストラン。
.
酌み交わすワイン。
息子が出来たような感覚に父の顔がほころぶ。
.
.
そしていつしか子どもが生まれた。
.
おじいちゃんおばあちゃんといく
いつものお店。
苦手な野菜もここならがんばれる。
.
帰り道
みんなでつないだ手を
大きく振って。
.
.
変わっていく景色と変わらないこの場所。
.
.
人に寄り添い温もりを育む。
.
人が寄り添い想いを灯す。
.
.
この街をそっと見守る
みんなの止まり木。

IMG_5144.PNG
IMG_5143.PNG
IMG_5146.PNG
IMG_5147.PNG





 
IMG_3941.PNG

 

銀座くらはし

​✥

.その身に宿す熟成させた時間。
.
.
子持ち鮎、落葉。
ゆらりゆらりと舞い、落ちる。
.
揺れる水面、撫でる色なき風、波紋。
凛として、ピンとして、透明。
.
澄んで冴え渡る
深い秋色。
.
.
熟かせた時間が
磨き上げた想いが
色濃く露出する。
.
色が伝える温もり恋しさ
内包した豊かな滋味。
.
.
山風が運ぶ、
無意識的な感動に
包み込まれる。

IMG_3945.PNG
IMG_3944.PNG
IMG_3946.PNG
IMG_3949.PNG





 
IMG_2012.PNG

 

bistro-confl.

駒沢大学

​✥

.足元から伝わる温もり。
じんわり、ほっこり、ゆったりと。
.
.
落ち着いた木目のカウンター
触れてみたくなる電球の温度感
使い込んだ風合いのある黒板

丁寧に作り込まれた食材の力を感じるひと皿。
.
.
見落としそうなほど小さな特別達が、心をそっと撫でつける。
.
.
店内からこぼれ出る灯りは道ゆく人の心までも癒す。
.
.
嗜み、味わい、安堵する。
日常に寛ぎを添えてくれるのは、きっとこんな場所。
.
.
.
○野菜のアミューズ3種盛り

○いくらのマデラ酒漬け
○馬肉のタルタル -フレンチフライ-
○モンサンミッシェル ムール貝 白ワイン蒸し
○夏鹿モモ肉のロースト マデラ酒のソース

IMG_1977.PNG
IMG_1982.PNG
IMG_1983.PNG
IMG_1984.PNG





 
IMG_2005.PNG

 

 IRORI

〜炭火焼きと自然派ワイン〜

読売ランド前

​✥

細く長く、暖かい雫を、
ゆっくりと噛み締めながら流し込む。
.
.
酔うというのは身体が夢を見ること。
.
.
.
厚みのある木目のカウンター
年輪が創り出す模様
つい手を遊ばせたくなる。
.
店内の基調はエメラルドグリーン。
陽の光に優しくせせらぎ、
夜の帳にそっと寄り添う
.
.
.
華やかながら、自由である。
実直ながら、遊びがある。
筋が通っていながら、隙がある。
清澄でありながら、温もりがある。
.
.
取り囲む和らぎの囲炉裏
温もりに手を伸ばすように味わう。
.
夢見心地で暖を取る。
.
.
.
○シャインマスカットのカプレーゼ
○燻製鴨とマッシュルームのサラダ
○モンサンミッシェルムール貝の白ワイン蒸し
○厳選牛の炭火焼き タリアータ仕立て
○レモンのトマトクリームパスタ
 フェットチーネ
○ピスタチオのジェラート


IMG_2006.PNG
IMG_2008.PNG
IMG_2009.PNG
IMG_7483.PNG




 
IMG_1988.PNG

 

L'AVANT-GOÛT ラヴァン グゥ

二子玉川

​✥

繋ぐ両手。国境を越え、
優しく届くバスクの風。
.
.
荘厳な自然を内包するピレネーの山々、
恵みを含んだ風は、大地に実りを育み、
やがて陽光の港町に届く。
.
.
フランスとスペインの間で
両国のエッセンスが混ざり合い
磨かれてきたバスク地方の料理。
.
.
二子玉川の地でモダンに再解釈される
豊かな山海の食文化。
.
.
積み重ねたフレンチの堅牢さの上に成り立つ、
どこか馴染みを感じさせるバスクの懐深さ。
.
味覚ごと空間を優しく包み込む。
.
様々な食文化と手を取り合う
日本の食感覚にも違和感なく優しく寄り添う。
.
.
遠く離れたこの地で香る滋味豊かな欧州の風。


IMG_1987.PNG
IMG_1989.PNG
IMG_1991.PNG
IMG_1993.PNG




 
IMG_1995.PNG

沖縄アグー豚と古酒泡盛 はいばな(南風花)

恵比寿

​✥

釣り糸たらして空を見る
浅瀬に浸かり海を見る
遠くに響く団欒の声
.
.
腰肩、行く末へと沁み込んで行く淡い夏の憧憬。
.
.
.
清澄で癖がなく、
まるで沖縄の水や空気を液体にしたような
爽やかな味わいが、体の熱を拭い去ってくれる。

冷房の効いた店内で飲むひと口目のそれは、
まさに至高の一杯
.
.
グラスを持ち上げ、
店の灯りにかざしてみせる。

透き通る光がグラスと氷を
ゆらゆらと幻想的に煌めかせる。

その奥に映る笑顔は、
日頃の感謝を伝え合う優しい時間。
.
.
沖縄の優しい空気に包まれる

今は遠く憧れる
楽園きわまりない景色。


IMG_1997.PNG
IMG_1998.PNG
IMG_1999.PNG
IMG_2003.PNG




 
写真ロゴ3.jpg

​nipponte eeyan

サイトに掲載の写真・記事その他情報の複写・転載を固く禁じます。​