ええやんタイトル東京.png
B48B2EB9-F29F-45A0-99EA-2C145AD0739B.jpg
こじれめし白.png
kojire meshi
こじれめしの黒.png

媚びたっていいじゃない

ポエムだっていいじゃない

造り手の想い、空間、サービス
五感を通じ感じたコト

私なりの解釈でお届けします。

IMG_9501.PNG

Kappouとよふく

横浜 川崎 新百合ヶ丘

​✥

.

 " あ、そう!ほんとに!?"
おじさんは喜びを隠せない。


.


"白子の春巻き"

パリッとした衣に
粉雪がふりつもる。

中からトロリと顔を出す
待ち焦がれた豊潤。

口の中に冬が来た。

.
"焼白子寿司"

なんでも出来るとは
聞いていたけど、

想像を遥かに上回る
そのスケール感に
語彙が吹き飛ぶ。

小難しいことは抜きにして
白子の海に溺れよう。

.
食が身体に季節を届ける。

食が心の均衡を保つ。



.

IMG_9507.PNG
IMG_9504.PNG
IMG_9509.PNG
IMG_9510.PNG





 
IMG_9135.PNG

炉端 百式

福岡 博多

​✥

.

 "またここに戻ってきましょう。"

.


起ちゆらぐ香ばしさ
冬の無色透明な空気
大きく深呼吸。

炭火で炙った椎茸。
その身から湧き出すのは
感情の上擦り。

一滴たりとも零すことなく
手を添えて飲み干す。

.
"あれ?さっきまで
コヤマパーキングにいましたよね?"

当店は、姉妹店から徒歩数分の立地。
空間を途切れさせることなく
繋ぐことが出来る。

むしろその数分間の散歩が
さらなる酒呼水となる。

満を辞して迎えた夜
余すことなく
今を飲み干し切る。




.

IMG_9136.PNG
IMG_9138.PNG
IMG_9139.PNG
IMG_9144.PNG





 
IMG_9127.PNG

めしやコヤマパーキング

福岡 博多

​✥

.

 おじさん達は、
ビールを飲み干すと
泣きそうな顔になる。


.


"手羽中の一夜干し唐揚げ"

外は"パリッと"
中は"しっとり"を
徹底して突き詰めたひと皿。

食感、旨みのオノマトペ
噛み締めるほどに
五感に響き渡る。

.
飲み込むのが惜しくて
そのままビールで流し込む。

喉元がキュッと締まり
顔がクシャッとなる。

なんとも味わい深くて。
なんだか涙が出そうになる。

.
終わらせたくない時間。

手羽なしたくないひととき。




.

IMG_9128.PNG
IMG_9130.PNG
IMG_9132.PNG
IMG_9134.PNG





 
IMG_8350.PNG

鰻割烹 伊豆榮 本店 

Izuei Honten

東京 世田谷祖師ヶ谷大蔵

​✥

.

 男も女も哀も憂いも歓びも

燻る香りにくすぐられ
肩を組み合い、いざ酔わん。


.


するりと手のひらをすり抜ける
不忍の風。鈴虫の声
立ち昇る薫香。

内側から暖かくなる秋の寛ぎ。

.
"あら、いらっしゃいませ。"

幾層にも重なるもてなしは、
故郷のような温もり。

歩みを重んじ、
地に愛される在り方に胸を張る。

気丈な心意気
明日を切り拓く姿勢は
後世に伝い、導く。

.
育まれているのは
歴史か、自分自身か。

居住まいを正し、
追い掛けるように
呷る一献の嬉し水。




.

IMG_8355.PNG
IMG_8356.PNG
IMG_8351.PNG
IMG_8354.PNG





 
IMG_7563.PNG

Vin apéro - ヴァン アペロ

東京 世田谷祖師ヶ谷大蔵

​✥

.

 "お酒を楽しんで頂けたらと思いまして"

.


朗らかな笑顔でご主人は、
スパークリングワインをなみなみと注いでくれる。

.
"黒トリュフのパイ包み、ソースペリグー"

トリュフを丸ごと頬張る愉悦。

ギュッとした力強い肉感と
森を噛み締めるような
深い芳醇さに感覚を奪われる。

追いかける赤ワインで
意識をひきずり取り戻す。

.
世田谷、祖師ヶ谷大蔵。

あたたかなご家族が営むビストロ
身内のやりとりに心が和む。

.
ご主人の人柄が現れる誠実な仕事。

耳に馴染むアコーディオンの音色。

色ガラスの照明が目に優しい。

フランスの石造りの街を思い起こさせる
かわいらしく、どこか懐かしい空間。

隅々からじんわりと暖かさが滲み出す。

.
美味しい食事と気の利いたワインを
ゆったりと時間を忘れて愉しむ。

帰り際、店頭の看板に
家族の笑顔がまるく映える。




.

IMG_7567.PNG
IMG_7571.PNG
IMG_7572.PNG
IMG_7564.PNG





 
IMG_7010.PNG

銀座くらはし はなれ

東京 銀座

​✥

.

 "せいろそば"

.


幾つもの星がながれた秋の夜。
ゆらりゆらりと流れ着く。

.
キリッと角の立った蕎麦を
二、三本手繰り込む。

鰹の効いたつゆを
少しだけ。

箸をあげて、
勢揃いした蕎麦を
小気味よくすする。

.
酒が染み渡った喉を
清澄な小麦が拭っていく。

滑らかな蕎麦肌が
喉をながれ落ちる感触。

湧き立つ香り、甘み。

濃くも淡くもある
懐深い味覚。

.
大将を支える
若手二人の研鑽に
またひとつ心が震える。

星がまた一つ
秋の夜空をながれ行く。



.

IMG_7014.PNG
IMG_7012.PNG
IMG_7019.PNG
IMG_7016.PNG





 
IMG_6884.PNG

" 声に出して読みたい標語。"

東京 世田谷

​✥

.

""少量多皿、割烹酒場。"

.

眩いばかりの文字の羅列。
目に沁み、心が疼く。

香箱蟹、揚銀杏、
冬瓜とスルメイカ炊き合わせ。

枝豆紹興酒漬け、
いぶりがっこポテサラ。

ズワイガニクリームコロッケ。

.
"栗渋皮揚げ"

渋皮に薄ら雪化粧。
ホクホクじんわりと。

酒に弱った臓腑に染みる
優しい塩梅。

供されるひと皿は
小さな秋の権化。

暖かさ恋しい季節へと
手を引いて連れて行く。

.
ふぐ白子焼、こまい一夜干し
鮎と紅あずまの春巻。

土鍋で炊いた銀シャリ、ひれ酒。



.

IMG_6888.PNG
IMG_6889.PNG
IMG_6885.PNG
IMG_6893.PNG





 
IMG_6065.PNG

loveワインとビストロのお店

東京 世田谷二子玉川

​✥

.

" 翼をください。"

.


"秋刀魚のベッカフィーコ"

翼を携えた
香ばしい秋刀魚。

サクッとした皮目、
ギュッとした旨味。

.
松の実、レーズン。
食感が味覚に変わる瞬間、
秋が口の中で弾ける。

暖かさが恋しくなるような
夜空を飛び回りたくなるような

そんな秋の香りに
胸がドキドキする。

.
寒くも暖かくも感じる夜、
夜空を大きく吸い込む。

身体の中と外の境界が
曖昧になってフワフワと微睡む。

夜風を啄んで、
どこまでも飛んで行きたい。



.

IMG_6067.PNG
IMG_6066.PNG
IMG_6071.PNG
IMG_6073.PNG





 
IMG_5660.PNG

和けい

大阪 大阪市西区新町

​✥

.

" 季節が微笑むから。"

.


仲秋の候、真夏日。

扇風機の風が煩わしくて、
スイッチを切った。

肌に触れる風が止んだ途端、
身の回りの時間が
止まったような気がして、

また電源を入れた。

.
西区、新町。
通りを挟んだ心斎橋の活気とは
対照的な落ち着いた街並み。

宵闇に現れる
柔らかな行燈の灯り。
いざなわれる様に店内へ。

.
"たっぷり用意しているので
色々楽しんでみて下さい。"

気概に溢れるご主人。

その一挙手一投足から
"より楽しい時間を過ごして欲しい"
という想いがひしひしと伝わる。

.
料理が呼吸し、
季節をはき出している。

型にとらわれぬ
旬の食材の活かし方。

笑顔の絶えぬ
"らしさ"のある空間。

五感を通じて伝わる
その全てが滋味深く、
名残惜しい。

.
秋風が吹いて暖簾が揺れた。

柔らかくも涼しくもある
心浮く夜風を纏う。

止まりかけていた
身体の中の季節の針が動き出す。

.
ようやく扇風機を仕舞えそうだ。

秋がそっと
微笑みかけてくれるから。



.

IMG_5665.PNG
IMG_5663.PNG
IMG_5666.PNG
IMG_5661.PNG





 
IMG_5248.PNG

Trattoria Monolito

東京 世田谷 祖師ヶ谷大蔵

​✥

.

"ナストロアズーロに陽が沈む。"

.


夕刻のシチリア。

海が宵闇に反射して
石造りの街を青く飛ばす。

入り組んだ石畳の小径。
街灯があたたかく照らす。

どこからかやってきた
柑橘の甘い香りが、

リボンを描くように
港町をすり抜ける。

.
"国産小ハマグリと
ズッキーニ・チェリートマトのクリームソース
レモンの香り リングイネ"

名は体を表す。

陽射しをたっぷりと浴びた
シチリア島の恵み。

ビビッドに色彩豊か。
口内で力強く太陽が弾ける。

.
ペローニをグッと飲み干す。

陽が沈んだ海辺を、
そよ風のように
レモンの余韻がそっと撫でる。

.
世田谷区砧。
閑静な住宅街に佇む
かわいらしい外観の当店。

ここは南イタリアの魅力が
ギュッと詰まった

"地中海の宝石箱。"



.

IMG_5250.PNG
IMG_5251.PNG
IMG_5257.PNG
IMG_5252.PNG





 
IMG_4971.PNG

enotecaorcia

エノテカオルチャ

東京 世田谷 松陰神社前

​✥

.

"どうです?このワイン、最高でしょう??"

ご主人の朗らかさにこちらも笑顔になる。


.


世田谷線、松陰神社前。

駅前、立ち並ぶ背丈の低い建物に
どこか懐かしさを覚える。

2本目の路地を左に入ると現れる
地中海を連想させる碧玉のファサード。

.
木製のカウンターに
落ち着きのある碧のトーン

居場所を作りたくなる心地の良さ。

.
"桃とフェタチーズをトッピングした
パスタ(フジッリ)ルッコラソース"

.
桃の爽やかな甘さ、
フェタの力強い塩味
絡むルッコラが緑感がさっと拭う。

インテリジェンスを感じる
目的意識のはっきりとした味覚。

ついボトルが空く。

.
旧市街、夕暮れ時の花の都
揺れるオリーブの林、マンドリン。

咲き乱れる花々、雄大な運河の流れ
この世の楽園トスカーナ

ここは世田谷のフィレンツェ。



.

IMG_4977.PNG
IMG_4975.PNG
IMG_4973.PNG
IMG_4972.PNG





 
IMG_4597.PNG

Kappouとよふく

神奈川 川崎 新百合ヶ丘

​✥

.

秋の明け方
空は抜けるように高く
肌寒さを思い出す。

遠くで鳴く
夜明かしの鈴虫。

.
朝イチ、市場に赴き
自身の目利きで
食材を選ぶ。

労を惜しまぬ、
たゆまぬ邁進が生み出す
おまかせ3,500円という
奇跡の懐深さ。

.
実るほどにこうべを垂れ、
流行るほどに背筋を正す。

全ては皆に
楽しく過ごしてもらう為。

言うは易し、
為すは難し。

その想いに感服する。



.

IMG_4599.PNG
IMG_4598.PNG
IMG_4601.PNG
IMG_4602.PNG





 
IMG_4291.PNG

LaTRIPLETTA

ラ トリプレッタ

東京 品川 武蔵小山

​✥

.

ピザが美味い。
人はそれだけで幸せになれる。
.


夕刻のナポリ
太陽がひと足先に海へ帰る。

それでもまだ
市街から見上げる空は、

紺碧の海が
そのまま移ったかのように
明るく、碧い。

.
路地の石畳を照らす
飲食店の灯り。

アペリティーヴォを楽しむ
賑やかな笑い声で包まれる。

.
"マリナーラ"

フレッシュなトマト
ニンニク、オレガノ、バジル
小麦が甘い。

鮮烈なまでの素材感
南イタリアの陽射しのように
強く心を照射する。

一心不乱に食べ進め、
熱くなった身体を
モレッティで消火する。

.
食べる、飲む、笑う。
その場の誰もが幸せそうだ。

活気に満ち足りた、
陽気な南イタリアの空気がここに在る。



.

IMG_4297.PNG
IMG_4294.PNG
IMG_4293.PNG
IMG_4296.PNG





 
IMG_3812.PNG

ビストロ オー ランデ ヴー

東京 世田谷 千歳船橋

​✥

.

何気ない寄り道こそ
幸せの形なのかも知れない。
.


茜色のそら
まだまだ日差しが眩しくて
目を瞑んだ。

まぶた越しに透ける太陽。
目を閉じて見る景色は
もっと朱い。

.
世田谷、千歳船橋。
閑静な住宅街の一角に現れる
洋館のような当店。

血統を感じさせるしつらえながら、
家庭的な温かみのある空間。

.
ハンバーグ、ピザ、
明太子のスパゲティー。

肩肘を張らずに楽しめる
ひと皿の温もりが、

心の奥までしっかり届く。

.
"今日はこんなことがあったんだ。"

帰り道。
何気ない会話を交わしながら
商店街を抜ける。

肌を撫でる風が心地良い。

夜空の向こうには
くっきりと月が浮かんでいる。

.
"ねぇ、聞いてる?"

目を閉じて見る月は
こんなにも明るい。



.

IMG_3814.PNG
IMG_3818.PNG
IMG_3820.PNG
IMG_3821.PNG





 
IMG_3311.PNG

LOVE ワインとビストロのお店 

東京 世田谷 玉川

​✥

.

黒い赤、赤い黒。
.


日暮れて、
連れ合う柳小路。

灯影に群がる虫のように
明かりを求めて今日も乞う。

.
"黒いナポリタン"

手を伸ばし、
掬い上げるような優しさで
黒と赤が混ざり合う。

イカスミとナポリタン
互いの濃厚さが手を取り合う。

.
石畳み、盆提灯。
ゆらりと照らし出される
朱色の影絵。

煌々と輝くシャンデリア
通り抜ける明かり。
木製のカウンターに
星空を落とす。

.
惹かれ合う二つの主張は
多元的な味わいをもたらす。

.
ふと、手渡された
鮮やかな黄色。

このコントラストもまた
捨て難く、味わい深い。


.

IMG_3315.PNG
IMG_3313.PNG
IMG_3314.PNG
IMG_3317.PNG





 
IMG_2907.PNG

中瀬隠居

静岡 賀茂郡河津町梨本

​✥

.

この夏はやたらとシブとい。
.


天城連山に抱えられた
河津の奥座敷。

山々の滋養を含んだ岩清水が
香り豊かな山葵を育む。

.
八月の末、夏の果て。

覆い被さるような蝉時雨
つるし雛が揺れる

滲む汗は夏化粧。

.
"わさびづくし御膳"

生わさび、わさびそば、
わさび丼、わさびの小鉢。

思わず背筋が伸びるほどに
気持ち良く突き抜ける。

どこまでも広がる風味を
ビールで流し込めば、
天国へ一直線。

.
もう涙が止まらない。

温泉民宿も営む当店。
露天に浸かりながら
わさびを嗜む。

本当に天国じゃないか。

.
この夏はもう暫く続きそうだ。


.

IMG_2913.PNG
IMG_2911.PNG
IMG_2909.PNG
IMG_2910.PNG





 
IMG_2487.PNG

江ノ島 小屋

神奈川 藤沢市片瀬海岸

​✥

.

夏の終わり。
.


海風、扇風機
汗をかいたコップ。

神様がわざわざ融通を
利かせてくれたかのような
見事な晴模様。

遠くに見える江ノ島の背には
真っ白な入道雲が
のびのびと横たわる。

.
"釜揚げしらす丼"

ふわふわのしらすが
口の中を泳ぎまわる。

海の旨みが口いっぱいに広がって
潮の香りがほんのりと残る。

思わず深呼吸をする。

.
遠く仰いだ空にいわし雲が浮かぶ。

その中をしらすの魚影が
キラキラと泳いでいる。

流れる雲を名残惜しく見送る。

それはきっと、
この夏のすべてだった。


.

IMG_2491.PNG
IMG_2489.PNG
IMG_2495.PNG
IMG_2493.PNG





 
IMG_2373.PNG

Kappouとよふく

神奈川 川崎

​✥

.

過夏の名残。
.


森山直太朗、BENI、KREVA。
マイベストオブ"夏の終わり"プレイリストが
ラジオから流れてくる。

思わず意識を背けたくなる。

この夏が終わることも
気のせいだと言い聞かせているのに。

.
名残の新子。

酢と身の香りが混じり合い
緩やかな豊かさを生む。

甘さすら感じるほどに
優しく仕立てられている。

一枚一枚の行き届いた仕事が
口内にピッタリと寄り添う。

.
時季が過ぎ去る前に
出逢えて良かった。

.
去りゆく悲しみよりも
この季節に尽くせた誇りを。




.

IMG_2374.PNG
IMG_2377.PNG
IMG_2378.PNG
IMG_2379.PNG





 
IMG_1797.PNG

あざみ野ガーデンズ

神奈川 横浜

​✥

.

その旗をいつも胸に。
.


大人にならなくちゃ
そんな気持ちが強くて

中身が子供のまま
みんなオトナを演じているのかも。

食事をする時ぐらいは
オトナを脱ぎ捨てて、
わんぱくに楽しもう。

.
ハンバーグ、ポテト、
海老フライにクリームドリア。

旗をポケットに挿して
胸を張って歩こう。

大人はきっと
そのくらいでちょうど良い。

.
ビールが止まらない🍺





.

IMG_1800.PNG
IMG_1798.PNG
IMG_1806.PNG
IMG_1802.PNG





 
IMG_1348.PNG

もんじゃ月島

東京 中央区月島

​✥

.

夏休みの宿題。

.
鉄板の上に
釣り糸をたらして
夜空を見上げる。

水面につま先をつけて
波紋を描く。

湧き立つ土手は、
奮い立つ感情の上擦り。

.
心届けたその先に
どんな答えが待っているのだろう。

.
大人の夏休みは短い。

夜を使い果たすその前に
ナイショで答え合わせをしよう。

店を飛び出して、
夜空の高さで想いを描こう。

.
まだこの夏を終わらせはしない。





.

IMG_1350.PNG
IMG_1355.PNG
IMG_1352.PNG
IMG_1351.PNG





 
IMG_8822.PNG

エテルニータ

東京 世田谷二子玉川

​✥

.

有限の無限。

.
一面に広がる
数えきれないほどの小はまぐり

貝殻の丸みが
どこか心に優しい。

.
貝殻一枚、出逢い一つ。

数え切れない
出逢いと別れの摩擦で
こぼれ落ちた一握りの雫を

舐めるようにして僕らは生きていく。

.
一枚の貝殻を満たす
黄金色のひとしずく。





.

IMG_8827.PNG
IMG_8828.PNG
IMG_8824.PNG
IMG_8825.PNG





 
IMG_7361.PNG

銀座いわ はなれ

東京 銀座

​✥

.

ぎゅっと懐かしい
この感覚。

.
スマホがない
口約束しかできない
幼かったあの頃の方が

今よりも
友達と会えた時の
感動は大きかった。

.
此処に来ると
なぜかいつも
それに似た感覚に包まれる

久方ぶりに旧友と
再会したかのような
純真無垢な感動。

.
それは大将の人柄に惹かれたからか

過ごした時間が裏付けるからか

はたまた季節がそうさせるのか。

.
終わってほしくない時間。

つまみ一つ
握り一貫。

この身に
刻み込むように
噛み締める。





.

IMG_7367.PNG
IMG_7366.PNG
IMG_7364.PNG
IMG_7365.PNG





 
IMG_7169.PNG

銀座いわ はなれ

東京 銀座

​✥

.

ぎゅっと懐かしい
この感覚。

.
スマホがない
口約束しかできない
幼かったあの頃の方が

今よりも
友達と会えた時の
感動は大きかった。

.
此処に来ると
なぜかいつも
それに似た感覚に包まれる

久方ぶりに旧友と
再会したかのような
純真無垢な感動。

.
それは大将の人柄に惹かれたからか

過ごした時間が裏付けるからか

はたまた季節がそうさせるのか。

.
終わってほしくない時間。

つまみ一つ
握り一貫。

この身に
刻み込むように
噛み締める。





.

IMG_7173.PNG
IMG_7170.PNG
IMG_7174.PNG
IMG_7177.PNG





 
IMG_7169.PNG

Kappouとよふく

神奈川 川崎市 新百合ケ丘

​✥

.

美味いだけなら東京でいい。
流行りが知りたいならネットでいい。

此処で飲みたい。
そう思わせてくれる何かが

今日も足を向かわせる。

.
"前回のお通しは
牡蠣のあん肝のせだったので、
今回は鰻にしてみました。"

もはや何を言ってるのか
わからないぐらい嬉しい。

.
豊かさの塊
大ぶり蛤の酒蒸し

大判のアジフライは
ソースでもタルタルでも

締めは出汁の効いた
ペペロンチーノ

.
特別な日じゃない
それがいい

日常の延長線上にある非日常。

飽きるぐらいに
足を運びたい。




.

IMG_7173.PNG
IMG_7170.PNG
IMG_7174.PNG
IMG_7177.PNG





 
IMG_6583.PNG

鰻割烹 伊豆栄 不忍亭

東京 上野

​✥

.

為すべきことを
そのまま自分で。

.
"もうこれから先は
お前の色を出していいぞ
みせてみろ。"

.
諸先輩方からの
声掛けに背筋が伸びる。

不忍池から届く湿った風を
ビールで拭う。

.
築き上げ、
歴史を支えてきた
その研鑽。

時代に捉われず、
今も尚、求められ続ける
その背中。

.
上野池之端で産声を上げ、
幕末の動乱、戦火、震災。
300年もの刻と共に、

その全てを信念に変えて、
暖簾を守り続けてきた当店。

.
諸兄に見守られ、
歴史の渦中に
その身を置き、

自身は今、何を思う。




.

IMG_6587.PNG
IMG_6584.PNG
IMG_6590.PNG
IMG_6591.PNG





 
IMG_5590.PNG

 

apericena

ワインバル アペリチェーナ

あざみ野

神奈川 横浜市

​✥

.

大人は振れ幅がある方がいい。

.
日常の中で
さまざまな自分を
行ったり来たり

その真ん中で
バランスを取る。

均衡を保つのは
簡単なことではないけれど

.
行き来をする
その動きにより
風が生まれる。

風の大きさ
強さに、薫りに、

見ている人は
魅了される。

.
熱量を込めた
生ハムメロン

その振れ幅は
心に新たな風を生む。



.

IMG_5591.PNG
IMG_5592.PNG
IMG_5594.PNG
IMG_5597.PNG





 
IMG_4984.PNG

 

GARDEN HOUSE

ガーデンハウス鎌倉

神奈川 鎌倉

​✥

.

日常にひとつまみのアドリブを。

.
練りに練って
詰め込んだ1日もいいけれど、

たまには余白を感じていたい。

.
高い空に両手を伸ばして
届きそうな雲。

胸いっぱいに風を吸い込んで
季節を感じる。

五感を使って自然を取り込む。

心が解き放たれて
生が実感できる。

.
"明日のランチは鎌倉で。"

思いつきのひと言が、
ピリッと効いたスパイスになる。


.

IMG_4985.PNG
IMG_4986.PNG
IMG_4988.PNG
IMG_4989.PNG





 
IMG_4977.PNG

 

潮見Skippers'

(潮見スキッパーズ)

東京 江東区潮見

​✥

.

ちゃんとしてる。

.
"今日は我が儘でいいんだよ。"

いつも割と好きに
やらせてもらっているつもりだけど、

敢えて言わせてもらうとしたら、

"今日は何度でも
飽きることのない乾杯をしよう。"

.
身の回りの環境を見渡す事で
自身を肯定することができる。

これからも
一緒にいたい人たちといれるように

力になりたい時になれるように。

.
ここに来るといつも
背筋が伸びる。



.

IMG_4982.PNG
IMG_4978.PNG
IMG_4983.PNG
IMG_4981.PNG





 
IMG_4740.PNG

 

銀座くらはし・hanare

東京 銀座

​✥

.

隣夏。
想いが遡上する。

.
新緑、稚鮎
岩噛む急流を昇る。
青々しく、みなぎる。

飛沫く水面、
抜ける清澄な風、波紋。
力強く、爽快。

初夏を匂わせる
色の濃い透明色。

.
共に過ごした時間が
磨き上げた想いが

色濃く露出する。

.
臆する事なく、
胸を高鳴らせ。

流れに負けず、
飛沫をあげて立ち昇る。


.

IMG_4743.PNG
IMG_4741.PNG
IMG_4748.PNG
IMG_4749.PNG





 
IMG_3612.PNG

 

大衆酒場ビートル 野毛

神奈川 横浜市中区宮川町

​✥

.

おじさん達は歳を重ねると
イチャイチャし出す生き物です。

.
昼は背筋を伸ばして
大局を見極める。
厚みのある背中。

夜は酒を酌み交わし
共に語らう。
少し丸まった背中。

.
次の一軒へと向かう道中

流れるネオン、千鳥足
肩を組み合い、笑う背中。

そんな所謂な景色が好きだった。

.
信頼を置く目上の方々が、
子供のように
イチャイチャわちゃわちゃする。

そんな姿を見るのが好きだった。

.
気づけばいつしか自身が
そんなおじさんになっていた。

こんなおじさんの背中に
憧憬を見出す
素質ある若人はいないものか。


.

IMG_3615.PNG
IMG_3616.PNG
IMG_3614.PNG
IMG_3617.PNG





 
IMG_3605.PNG

 

MOON Cafe (ムーンカフェ)

神奈川 横浜市中区本牧

​✥

.

いつまでたっても野心的。

.
太陽をビールに溶かして
ググッと飲み干す。

かぶりついた後のヨゴレ具合で
漢のイキっぷりを競う。

.
いつまでも変わらないこの景色
思い出の詰まったこの場所。

目に映るすべてを手に入れてやろうと
みんなに自慢しまくってやろうと。

いつまでたっても
それが一番のモチベーション。


.

IMG_3608.PNG
IMG_3607.PNG
IMG_3609.PNG
IMG_3610.PNG





 
IMG_8998.PNG

 

PROFUMO D'ALBERO

プロフーモ ダルベロ 

神奈川 横浜市都筑区

​✥

.

食材の素を描写する。

素材本来の味わいを引き出し、
その成を伝える。

ひと皿を作り出していく様は、
何本もの鉛筆を使い
幾重にも線を重ねたデッサンのよう。

.
ゆるやかに抜ける淡春の報せ。
色味豊かに、酔いうらら。

.
○カジキマグロのカルパッチョ 瞬間燻製

○マグロほほ肉のカツレツ パネッレ添え

○Pizza 彩り春野菜

○手長エビのトマトクリームソース
 タリアテッレ


.

IMG_8999.PNG
IMG_8981.PNG
IMG_8996.PNG
IMG_9004.PNG





 
IMG_2567.PNG

 

ニャーヴェトナム・プルミエ 二子玉川店

東京 世田谷区玉川

​✥

.

香りが笑顔に変わる。

.
"パクチー得意じゃないんだよね。"

苦手な食材が食べられるようになる
タイミングは未だよくわからない。

一度食べられるようになってしまえば
苦手だったことが懐かしくすら思える。

.
自身の思い入れのある店で、
その瞬間に立ち会えることは
変え難く嬉しい。

.
一緒に食べる相手
共有する時間
食体験の質。

大人であれば自身の持つ選択肢により
苦手は緩和できるように思う。

.
気に入ってもらえて良かった。


.

IMG_2562.PNG
IMG_2561.PNG
IMG_2564.PNG
IMG_2570.PNG





 
IMG_0385.PNG

 

銀座くらはし・hanare

銀座

​✥

.

明日も昨日も酒にとかして

ただただ膨らむそのひとときを
いざ悠久に感じゆかん。

.
あらゆる事には
始まりと終わりがあって

関わることが出来るは
その途中だけ。

.
今、身の回りにある環境は
未来永劫続いていくような
気がするけれど、

物事には必ず終わりがあって、
それはきっと自身が思うより
早いタイミングで訪れる。

どれだけ大切に想っていても
ある日、突然目の前から
姿を消してしまう。

.
だからこそ
今、この瞬間を大切にしたい。

手の届くところだけでも
感謝を伝え続けたい。

今、自分にできることを
探し続けたい。

.
酒面に映る景色は
変わらず笑顔が溢れて。

余韻を愉しむ為に
小さく深呼吸をする。


.

IMG_0389.PNG
IMG_0390.PNG
IMG_0391.PNG
IMG_0393.PNG





 
IMG_9668.PNG

 

銀座くらはし

銀座

​✥

.

「今日はオカン連れていくね。」

.
父を亡くして十余年。

その日まで
家族との時間など
考えたことも無かった。

長男という面目上、
家族で過ごすことも必要と思い、

暇があれば皆で
外食に出るようになった。

.
息子から見ても胆っ玉な母。

そんな母が酒の席でだけは、
少しばかりの本音を口にする。

それからというもの
2人で食事に行く機会が増えた。

.
これから先
あとどれぐらい共にする
時間があるのだろう。

どれだけの景色を見せることが
出来るのだろう。

予てからの目標であった
銀座くらはしに
連れて行くことは叶った。

.
桜ひとひら舞い降り重なる
盛春の宴と薫る青葉。

手に取っては、
浮かべて愛でる
盛旬の戯れ。

どこか面映い
母の日の前借り。

.
しんちゃん、有難う。


.

IMG_9669.PNG
IMG_9673.PNG
IMG_9674.PNG
IMG_9675.PNG





 
IMG_9656.PNG

 

ginzabeni

銀座

​✥

.

居住まいを正す。

.
自分で言うのもなんですが、
どんなお店に行っても
割と自然体でいれるタイプです。

そんな私ですが
こちらに伺う時だけは
何故かいつも緊張します。
.

良過ぎる客層のせいか

待ち受ける感動を
知ってしまったせいか。

.
質の良い緊張感は
清涼感に似た充実を生む。

姿勢を正し、
いま何を食べているのかを
ハッキリと捉える。

豊かさを嗜むと共に
自身を顧みる。


.

IMG_9658.PNG
IMG_9657.PNG
IMG_9662.PNG
IMG_9666.PNG





 
IMG_8983.PNG

 

Kappouとよふく

神奈川 川崎市麻生区 新百合ケ丘

​✥

.

さかな。

そのひと口に心を動かされてもいようが、
実は作り手の人生のへりを
見せられているのかもしれない。

.
川の流れに身を任せるように
目の前を過ぎて行く
日常のあれやこれや

さらさらと流れていくモノあれば
所在無げにいつまでも
引っ掛かっているモノもいる。

心の縁に溜まったモノを
手のひらで掬ってかざして見せる。

形、色、味
人それぞれで違うモノ

でもきっと
それはとても酒に合う。


.

IMG_8987.PNG
IMG_8999.PNG
IMG_8988.PNG
IMG_8992.PNG





 
IMG_8270.PNG

 

RELAiS Sakura

桜新町ルレ・サクラ

世田谷 桜新町

​✥

.

"はじめまして"の代わりに
"おめでとう"を。

.
「誕生日おめでとう。」

同日ディナータイムになんと3件。

祝い席の重なりに
となり同士が祝い合う。

自然と笑顔が生まれる
温もり溢れる景色。

互いを想い合う気持ちが
祝い日に百花を添える。

街に寄り添い
温もりを育む。

人が寄り添い
想いを灯す。

この街をそっと見守る
みんなの止まり木。

皆に愛され、
共に成長する
大きな、大きな桜の木。


.

IMG_8273.PNG
IMG_8276.PNG
IMG_8271.PNG
IMG_8278.PNG





 
IMG_7356.PNG

 

土と青

調布 新百合ヶ丘

​✥

.

涼しさと暖かさが共にあるようで

.
引き戸の隙間から
柔らかな夜風が入り込む。

酔い身に春風
季節がじんわりと染み込む。

.
花わさびの醤油漬け
うなぎの肝の山椒煮、
帆立のしぐれ煮、よだれ鶏

これ以上ない肴
空気の香り共に
胸いっぱいに吸い込む。

吐き出す感嘆のため息が
フワリと酒面を撫でる。

.
米の花ひとしずく。
胃の腑から広がる春

体の内側の温かさと、
外気の温かさが調和する。


.

IMG_7360.PNG
IMG_7357.PNG
IMG_7358.PNG
IMG_7365.PNG





 
IMG_7346.PNG

 

銀座くらはし hanare

銀座

​✥

.

透き通るほど
まっさらで豊かな色彩。

.
そばの実の芯だけを用いた
真っ白な更科そば

突き詰めたその白色には
透明感すら覚える。

ほんのりした甘み、豊かな風味
名残惜しいほどの喉越しの良さ。

噛み締める度に伝わる
作り手の研鑽。

清澄な味覚が
花曇りの霞み空に
心映えする。




当店は「銀座 くらはし」の新店舗。

本店は2020年4月開店という
時世に憚られることを
避けられぬ時期に起こりながらも、
人に街に愛され、着実に歩みを進めてきた。

カウンターで創意工夫を凝らした
会席料理を振る舞う本店に対し、

新店舗では四部屋ある個室にて
蕎麦懐石を楽しむ事が出来る。

ビジネスから家族の団欒まで
幅広いシーンで気軽に嗜む
くらはしの味覚。

想いを込めた一枚の蕎麦は
心浮く季節にそっと優しく寄り添う。

.
まっさらな和紙の上に
透明な色彩で書き殴る
想いを込めた新たな一歩。

.
桜花舞い散るさみしさを
蕎麦の花が力強く染め上げていく。

IMG_7351.PNG
IMG_7348.PNG
IMG_7349.PNG
IMG_7355.PNG





 
IMG_5305.PNG

 

ローストビーフの店 鎌倉山 玉川店

玉川

​✥

.

腹に一本の竹槍を。

.
男子たるもの背負い、
課してこそ花開く。

そう諭してくれる方がいる。

.
腹に一本の芯を据えて、
真っ直ぐに貫き通す潔さ。

研鑽を積み重ねて50余年。
歴史を育み時代を築き上げるその度量。

.
黒毛和牛に味付けは塩、胡椒のみ。

体温でほどけ、
そっと口の中に寄り添う。

伝統的と括ってしまうには
あまりにも味わい深くて。

.
背筋が伸びると共に
心に火花という名の花が舞う。

.

IMG_5306.PNG
IMG_5308.PNG
IMG_5307.PNG
IMG_5302.PNG





 
IMG_5297.PNG

 

炉端のぬる燗 佐藤

中目黒

​✥

.

身体が夢を見ている。

.
炭火の暖かさが
目と鼻から入り込み、
身体中に充満する。

米の花
炭の香りを拭うように
ゆっくりと噛み締めながら流し込む。

胃の腑から全身へ
豊かさがスッと溶け込んでいく。

.
高架下、
抜ける甘い風
寒さはもう此処にはいない。

淡い夕闇、朧げな光
全ての感触が丸く柔らかい。

えいひれ、そら豆
鮭とば、帆立の貝ひも。

.
柔らかな時間の中
炉端で春を炙る。

.

IMG_5293.PNG
IMG_5300.PNG
IMG_5295.PNG
IMG_5298.PNG





 
IMG_4118.PNG

 

銀座くらはし

銀座

​✥

.

冬を好きになる
春が恋しくなる。

.
滋養を一身に孕んだ冬の豊かさ。
栄気に満ちた春の誇らしさ。

融け行く寒旬の名残に思い馳せ、
向かう早生の鮮色に意識を染める。

.
移り変わる季節の境目特有の
ふわふわとしたこの感覚。

掴むこと叶わぬと分かっていても
手を伸ばして手繰り寄せたくなる。

.
噛み締めて捉える春夜の夢。

.
.
○大根餅 赤海老 キャビア 柚子 金箔

○蛍烏賊とアスパラの油焼き

○アラと筍の昆布巻き 芽蕪 京人参 柚子

○大トロの叩き 芽ねぎ 花穂紫蘇 山葵

○豆乳担々麺

○北寄貝 春キャベツ
 長芋昆布締め 土佐酢 生姜

○鰻の白焼き うるい 蕗の薹醤油 山葵

○ズワイガニ 白味噌グラタン 菜の花 葉山椒

○牡蠣飯

.

IMG_4123.PNG
IMG_4115.PNG
IMG_4117.PNG
IMG_4122.PNG





 
IMG_4104.PNG

 

タカズ ビストロ ヴィエス

二子玉川

​✥

.

簡単だね。
難しくしているのはいつも自分で。

大好きなものをお腹いっぱい食べる
それだけで笑顔が生まれる。
それだけで何かが始まる。

.
二月の黒トリュフ。

厳冬を越えて
その身に一層の豊かさを宿す。

ひと口で深い森の湿度に溺れる。
木漏れ日、照らされた鮮やかな緑苔。

土の匂い、淀みのない川の水。
透明、きらきらと光が揺れる。

深呼吸。ピンと張った冷たい空気が
頭の後ろ側まで突き抜ける。

清澄さと荘厳さを併せ持つ空間。

.
深林を通り抜けた向こう側
垣間見る淡い豊かさ。

冬の終わり、そして春の訪れ。

.
お腹いっぱいに季節を吸い込んで。
満たされて、笑顔で。

それだけで何かが変わっていく気がする。

次季への淡い想いを胸に
またここから一歩ずつあるいて行こう。

.
○トリュフサラダ
○トリュフの炊き込みご飯
○和牛のトリュフソース煮込み
○トリュフパスタ
○30年熟成シェリー酒と
 バニラのアイスクリーム


.

IMG_4112.PNG
IMG_4108.PNG
IMG_4111.PNG
IMG_4113.PNG





 
IMG_2829.PNG

 

camino


カミーノ

横浜 センター南

​✥

.

なんだかよくわからないけど
それはきっと、
この世界のすべてだ。

そう思える。

.
初めて伺ったのにも関わらず、
"おかえりなさい。"

と笑って手を振って
迎え入れてくれるかのような心持ち。

.
赤いチェックのテーブルクロス
ブルーグリーンの趣きのある木椅子

時間の流れを暖かく伝えるランプ
クマのぬいぐるみ🧸

目に映る全てが温かい。

.
「ホタテとアスパラガスのペペロンチーノ」

.
噛み締めて
溢れる多幸感。

とっても美味い。

今は考えるより、
ただただこの幸せを享受したい。

.
息が詰まりそうなこの日常に
「しっかりしなさいよ」と温かく笑って、
呼吸の仕方を思い出させてくれる。

.
久しぶりに新鮮な夜の空気吸えた気がする。

.
帰り道、見上げる星空は
我関せずと言わんばかりに瞬いていた。


.

IMG_2627.PNG
IMG_2629.PNG
IMG_2625.PNG
IMG_2632.PNG





 
IMG_2618.PNG

 

loveワインとビストロのお店

東京 二子玉川

​✥

.

時期ハズレの紅と白。

.
あらゆる色を閉じ込める
灰色の冬空。

石畳を照らす無機質な街灯が
殊更に視界から色彩と温度を奪う。

温もりという名の色を求めて
いつもの場所へ足早に逃げ込む。

.
ひと口で空間ごと
なめらかに包み込む
カルボナーラ。

ひと口で身体の周りの
大気ごと沸騰させる
アラビアータ。

.
赤と白。
対極する二つの色彩が
それぞれを象徴するような
伝え方で体温を取り戻してくれる。

陽だまりに寝ころがり
日差しがおなかを
暖めてくれているような淡い熱感。

不思議なくらい
満たされて、ほっこりと包まれる。

.
長らく観てはいないけれど
こんなに美味しい対抗戦なら
年中体験していたい。

.
夜深まる帰り道
変わらぬ景色、石畳。

ひとつ違うのは、
街灯の明かりに
今はあたたかさを覚える。


.

IMG_2622.PNG
IMG_2620.PNG
IMG_2621.PNG
IMG_2623.PNG





 
IMG_1399.PNG

 

銀座くらはし

東京 銀座

​✥

.

新春を労う
深海の宝石箱。

.
駆け抜けてたどり着いた
深夜の晩餐。

事切れそうな意識の中
震える右手で
一心不乱にかき込む。
.

ちらしと言うには
あまりに眩し過ぎて。

酒に疲れた胃の腑に
キラキラと沈み重なっていく。


.

IMG_1406.PNG
IMG_1401.PNG
IMG_1402.PNG
IMG_1409.PNG





 
IMG_1541.PNG

 

&EPICURE(アンド エピキュール)

神奈川県 鎌倉市

​✥

.

花の寺に届く一陣の風。

花のそれではない
香ばしさに誘われて
辿り着いた一軒の古民家。

燻した梁、淡い間接照明
趣のあるモダン。

流れている時間が
既に心に優しい。

.
「発芽玄米のグリーンカレー」

.
身体にも心にも
優しい仕立て。
それでいて満ち足りている。

無意識下で求めていた
清純無垢なやさしさ

浸透する滋養に
細胞が上擦る。

.
緑と古都に親和する空間。
豊かな香りに包まれて
春を待つ。
.

IMG_1544.PNG
IMG_1542.PNG
IMG_1547.PNG
IMG_1543.PNG





 
IMG_0513.PNG

 

ニャーヴェトナム・プルミエ

世田谷区 二子玉川

​✥

.

不思議なもので、
香りというものは、

自分の心の中にある記憶を
強く引き出してくれる。

.
満ち足りたハーブの生命力、
肌に馴染んだ無垢なスパイス。

.
噛み締める度に
弾ける爽快感が、
頭の裏側を貫く。

それと同時に香りが
非日常の扉を開く。

.
今は遠い記憶の原風景が
まぶたの裏に広がる。

心が解れ 意識が和らぐ。

深呼吸 余韻が全身に浸透する。

香りがもたらす
愉悦に浸かる。

.
絶え間のない日常に
ひとつまみのスパイスを。
.

IMG_0514.PNG
IMG_0507.PNG
IMG_0508.PNG
IMG_0509.PNG





 
IMG_8989.PNG

 

潮見スキッパーズ

江東区 潮見​

​✥

.

この世界のすべてを
肯定するような懐の深い旨み。

胸がきゅっと締め付けられた。

.
じんわりと胸が熱くなって、
声を出せなくなる。

噛み締めた感動のせいか
嚥下が弱くなったせいか
喉の奥が震えてうまく言葉が出ない。

.
人間が元来求める
生命への渇求を掻き立てる。

追い駆ける赤い葡萄は
血液となり心身を駆け巡る。

.
見上げれば
いつの間にか空に月。

今年もまた美味しい年にしよう。
.

IMG_8981.PNG
IMG_8987.PNG